~Kaz Minato's Articles~


ディスカバリーレトロについて        By Kaz Minato


   Mr.Yuri Yatsenko in Japan May-1997

今回は、ウクライナのCLスタント専用エンジン「ディスカバリーレトロ61LS」の紹介をしてみたいと思います。
すでに国内でも使用実績が多くなってきましたので、みなさんご存じと思います。

一般的に、旧ロシアのCLは、日本ではこれまであまり馴染みのないものでした。過去に何回も世界チャンピオンの座を獲得するなどの実績が示すように、非常にレベルが高いものでありながら、情報が閉ざされていたし、「アメリカ式CL」に馴染み深い私たちから見れば、外観そのものが「奇異」にさえ感じていたほどです。
世界選手権で見た、私のロシア式スタントに対する印象は、「風、乱流などの悪条件に強い」ということでした。また、彼等は練習(調整)をしない(必要が無い?)という姿は、とにかく飛ばし込んで調整を重ねるアメリカチームとは対照的です。

前回のスウエーデンでの世界選手権にて、ウクライナのユーリ・ヤッツェンコ氏と親しくなり、彼と話しをしてみると上記の「印象」が、まさに彼等のスタント競技に対するコンセプトであることが良く理解できました。
たしかにアメリカと異なり、ヨーロッパの国々に於いては、CL飛行場は、閉鎖されたところ(?)に建造されることが多く、したがって建物や木のそばにサークルがあることで、当然風が吹くと乱流状態となります。世界選手権や、ヨーロッパ選手権では、このような会場条件が多く、たとえばオープンエリアにあるようなアメリカのCL飛行場とはかなり状況が違います。
また、競技会場では、十分な練習サークルが確保されていないことがほとんどの為、いちいちその場所に合わせて機体やエンジンの調整をすることが時間的に困難な状況下では、乱流や悪条件に焦点を合わせ、また一方、微妙な調整を必要としないような方向で設計する「理由」が容易に理解できます。
アメリカの競技会では、練習(調整)時間が充分に確保されていることが多いので、調整により「最高性能」が引き出せる機体やエンジンが結果的に有利となり、微妙な調整にて理想的にマッチングさせた機体で1点多く稼げるコンセプトとなっていると私は理解しています。(パイプの長さ、ペラの選定、機体の重心、リードアウトの位置、翼端ウエイトの量、などなど・・を条件に合わせてBESTセッティングする。)
過去に何回も書きましたが、アメリカ、AMAの採点方式は、40点満点で、36点か37点かの僅差で勝負が決まるのです。

ですから、US NAT’Sにロシアの選手が参加して、優勝することができるかは疑問ですが、ロシア式は、幅ひろい条件下でまずまずの飛行をすることができる、「失敗の確率が低い」コンセプトですから、前述しましたように世界選手権が典型的なヨーロッパの飛行場で開催されるような場合には有利であると言えるでしょう。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ロシア式の「機体のお話し」はまた今度・・ということにして、今回はロシアの流れをくんだウクライナのエンジン「ディスカバリーレトロ61LS」のお話しです。
アメリカ流の考え方は、飛行機を一定速度で飛ばすために、エンジンを一定回転で回す(チューンドパイプシステムは、その典型例)・・・ということですが、それに対してウクライナ式は、飛行機の速度が上がったときはエンジンの回転を下げて減速する・・という考え方であり、アメリカのスタント用エンジンがベンチュリーの径を小さくし、サクションを上げ、燃料を安定供給させ、さらに圧縮比を下げたり、燃焼室の形状をヘミ型にして、パワーのピーク山をなだらかにするなど・・・されているのとは正反対に、ウクライナ式は、ベンチュリー径を大きく、高圧縮にして敏感なエンジンにしているのです。
なぜ??かというと、ウクライナ式では、飛行速度=遠心力を利用した燃料の供給制御により、エンジンの回転をコントロールしようというアイデアに基づいていて、飛行機が加速する→遠心力が増大する=燃料タンク内の燃料が外に押される→燃料がたくさんエンジンに供給される→混合気が濃くなりエンジンの回転が下がる・・・というシステムで、強風下の加速を防止する思想であり、ディスカバリーレトロエンジンは、その「混合気の変化」に敏感に反応するように、つくられているのです。
また、F2A燃料(ストレート)を使用することを前提に設計されているので、世界選手権などにおける燃料手配の必要がなく合理的です。またユーリ・ヤッツェンコ氏は、ストレート燃料の質の変化が少ない(ニトロ分の変質がない)ことにも注目しており、まさに失敗の確率を低くする思想が貫かれています。「ディスカバリーレトロ61LS」は前作の9ccモデルの発展型ですが、10ccとするとともに、ロングストロークになっています。数々の実験の末、ロングストロークがスタントに向いているという結果になったそうですが、これも、ショートストロークを良しとするアメリカの見解と対象的です。ディスカバリーレトロは、ストレート燃料ながら非常にトルクがあり、専用の13.4インチもの大径ペラを軽々回します。この大径ペラは、強風、乱流条件の中でもすぐれた上昇力と対風推進力を発揮します。
ウクライナ(旧ソ連)のCL競技への取り組みとして、CLの全カレゴリー(チームレース、スピード、コンバット、スタント)の人達がひとつにのチームとなって活動しているようで、ディスカバリーレトロの設計思想には、スタント以外のカテゴリーからのノウハウが見うけられます。エンジンの各部品の材質などにもこだわりがあり、非常に耐久性のあるエンジンに仕上がっています。エンジンの取り扱い性の面は、まずエンジンの回転数調整については、2サイクル音と4サイクル音のスイッチング音で最適回転数を聞き分けることができますので、回転計は不用であり、慣れればエンジンセッティングについて、まず大きな失敗をしないですみます。始動性については、特に冬期は、やや難があったのですが、1年間の研究の末(?)シリンダーヘッドの仕様を変更することで、改善されましたので、今後、国内に供給される分については、せんえつながら、MNT.specialヘッドが付くことになります。
燃料タンクは、遠心力が増大したとき、スムーズに燃料がエンジンに供給されるように、燃料の通過抵抗を少なくしておく必要があります。具体的にはピックアップパイプの径を小さくしないこと、通過抵抗の大きなフィルターを使わない・・などの考慮が必要になってきます。また、遠心力が増大したときに燃料がエンジンに行きやすいように、タンク中心を機体の中心(エンジンのベンチュリー)よりもやや内側に配置することが有効に働きます。このオフセットの量は飛行しながら調整する必要がありますが、私の場合は、5〜10ミリです。
また、機体の離陸時、手投げ発進時にかかる急速なGのため、エンジンに急激に燃料が供給され、混合気が濃くなりすぎてエンスト寸前までいってしまう場合があり、こんなときにはタンク内にバッフル板を設ける必要があります。(専用タンクにはバッフルが付いています。)
私は、この1年間、レトロを研究してきましたが、扱い方のノウハウがわかってきたので、今年の世界選手権と日本選手権にて使用する予定です。8月にウクライナで開催される世界選手権では、ユーリ・ヤッツェンコ氏と再会するので、レトロエンジン、プロペラ、専用タンク、などなど仕入れてくる予定でいます。昨年ヤッツェンコ氏を日本に招待したとき、彼にごちそうした「みそラーメン」のお礼にと、こんどは彼が「ボルシチ」をごちそうしてくれる約束になっていますので今からとても楽しみです。

湊 和宏



98WCHにて、Yuri Yatsenko氏と再会しました。
<<<<<>>>>>
家庭料理のボルシチをごちそうになりました。味はVery Good。
日本の味噌汁のように各家庭によって味付けがさまざまだそうです。

Back to Top Page